日本人のための英語学校「First English Global College」

日本人のためのカリキュラム作成&効果性

日本人の英語上達!
優先順位は、簡単な単語をすぐに口に出せるようになること

「読むことは出来る、文法も多少なら分かる」という日本人は多いものです。

しかし、「英語で話しかけられると、簡単な英語も分からない。更に、とても簡単なことすら、英語では伝えられない。」という人はたくさんいます。

 

〜典型的な日本人〜

読む→◯
書く→△
聞く→✖
話す→✖✖

 

その理由は頭の善し悪しではありません。ただ、単純に英語を発することに慣れていないだけです。

口から英語を出す訓練をしていないだけで、決して、英語が出来ないという訳ではありません。よく「I cannot speak English.」というセリフを聞きますが、もう、すでに言えています。もっと、英語を発する訓練さえしたら、スムーズに出てくるようになります。

 

そこで、フィリピン・セブ島留学のFirst English Global Collegeでは初心者向けに、

 

①難しい単語は覚えない。
②まずは、簡単な言い回しが出来るようになること。
③出来るだけ正確な発音とイントネーションを学ぶ。

 

この3つを重要視しています。

 

上級者になれば、高度な英語スキルを身につけてもらいますが、日本人で初心者の場合、上記3つを集中的に行うことで、英語力が効果的、効率的に伸びていきます。

 

1難しい単語は覚えない

最初から、難しい英単語を覚えようとしがち。特に英語の初心者ほど、そういう傾向にあります。そして、難しい単語を覚えても、「なかなか会話で使えなかった」というのが現状です。

 

英語には順番があります。

難しい単語を覚えて、使おうとしても良いのですが、その前に、まず、簡単な言い回しが出来るようにしていきましょう。

もうインプットは不要なので、適切にアウトプットをすることから始めて行きます。

 

2まずは、簡単な言い回しが出来るようになること

日常、頻繁に使うような表現を、適切な文法、発音、イントネーションで出来るようにしていきましょう。

 

例えば、レストランに行った時、

19時に4名で予約したいのですが。」

「眺めの良い席をお願いします。」

「オススメは何?」

「トイレはどこ?」

「お会計をしてください。」

「割り勘にしましょう。」

というようなことを、英語でスラスラ出るようにしていきます。

 

まず、中学1年生レベルの英語が口から出てくるようにしていきます。

そして、徐々にステップアップしていくカリキュラムとなっています。ある程度、出来る人は、飛ばして、上位レベルの内容から入っていきます。

 

3出来るだけ正確な発音とイントネーションを学ぶ

日本人が、正確な発音とイントネーションを学ぶ理由が2つあります。

 

1つ目は、正確な発音が出来ないと、相手に伝わらないということ。せっかく英語を話したのに、相手に伝わらなかったら、もったいないです。

 

2つ目として、自分が発音出来ないと、相手の発音が分からないものです。英語には、日本語にない発音があります。

例えばr,th,f,vなどが典型的で、日本語では発音しない音域です。それらを自分が出来るようにならないと、相手の発音も理解出来ません。簡単な単語で良いので、クリアな発音をフィリピン・セブ島留学で学んでいきます。

 

以上のように、私達、First English Global Collegeの英語は全て、日本人の初心者にフォーカスしたカリキュラムとなっています。

 

学習塾運営をしているがゆえに、復習を大切にする

学習塾のノウハウを活かした復習システム

授業を受けても、復習をしないと、なかなか定着しません。

18時間も授業があります。それらを学びっぱなしでは、もったいないです。どんどん英語が入ってきますが、すぐに忘れてしまい、もったいないことになります。最低でも、その日、復習をしていきたいもの。

 

ただ、残念ながら、人は弱いものです。

自分から復習は、なかなかしづらいものです。というのも、復習は面倒くさい作業だからです。

 

そこで、フィリピン人ティーチャーがバディとして、復習を担当してくれます。人と一緒にやれば、復習も楽しく出来ます。

マンツーマン授業の1コマは、「復習(review)クラスとして、何度も繰り返し行います。そうすることで、効果的に定着をしていきます。

 

2004年より、日本で学習塾を展開しており、多くの生徒を指導してきたノウハウを、ここフィリピン・セブ島留学First English Global Collegeに集約させています。

 

オープンスペースで、更に生徒専用のブースでマンツーマンが受けられる

生徒専用ブースで勉強に集中

通常のフィリピン留学のスタイルは、ティーチャーの個室に行って、授業を受けるというもの。ただ、それでは、非効率です。というのも、生徒専用の机がないからです。自分専用の席で、英語に集中したいものです。

 

そこで、First English Global Collegeでは、生徒専用ブースを設けて、そこで朝から夜まで勉強してもらいます。

ティーチャーは、その生徒専用ブースに行って、生徒の隣で、英語のマンツーマン授業をしていきます。

 

実際にフィリピン留学を経験した日本人スタッフのバディ

日本人スタッフ&フィリピン人ティーチャーによるバディ制度

「初めての海外がフィリピン留学」という方も珍しくありません。

初めて行く海外で、しかもフィリピンなので、不安も多いはず。また、なかなか相談できない悩みも出てくる可能性もあります。そういう時、日本人がバディとして担当させて頂きます。

 

フィリピン人ティーチャーのバディがあります。

そこでは、英語のこと、将来の夢、いろんな話をしてください。ただ、フィリピン人ティーチャーには言えないようなこともあります。また、日本人しか理解出来ないこともあるかも知れません。そういう時、「いて良かった!」の日本人バディです。

 

日本人、特に初心者の方のことを一生懸命考えたFirst English Global Collegeです。安心してフィリピン・セブ島にお越し下さい。

 

おすすめの記事