Kei&Annaの親子留学体験談

名前:母 kei  娘 Anna

年齢:30代と4歳

留学期間:24週間

フィリピン留学の目的は?

自己紹介をお願いします

はじめまして、こんにちは。
母1人・娘1人の2人で6カ月間の親子留学に来ましたKeiです。

国内・海外問わず旅行をするのが好きでしたが、
出産後は旅行へ行く機会も減り、私は仕事をし娘も毎日保育園に通う生活を送っていました。
仕事の休みが取れたので、1週間だけのプチ親子留学で旅行気分でセブ島に来ました。
その時にFirst English Global Collegeと出会い、その後思い切って長期の親子留学に来ました!

 

留学をしようと思った理由は?

留学をしようと思った最初のきっかけは娘でした。
世界中にはいろいろな人がいて様々な文化や考え方がある事を、
テレビの世界や理屈ではなく肌で感じて知って欲しいと思ったのからです。

私自身も英語を勉強してみたい!と思ったのも理由の1つです。

 

留学先にフィリピンを選んだ理由は?

フィリピンにした理由は日本から近く、時差が1時間しかなかったからです。
フライト時間が約5時間なので、親子2人でも耐えられそうだと思ったのがきっかけでした。

その他にも留学費用や物価が欧米諸国よりも安かった事や、
年中暖かくて、きれいな海やプールで遊べるのも魅力の1つでした。

 

First English Global Collegeを選んだ理由は?

親子留学を積極的に受け入れている印象があったからです。
娘にはキッズルームで過ごすだけでなく外遊びをして欲しいと思っていた為、
校内にある庭で遊んで良いとおっしゃってくれたことや、
現地の幼稚園に通う許可を出して下さったりと、柔軟に対応して下さったのも選んだ理由の1つです。

セブ島の排気ガスが気になっていたのですが、First English Global Collegeは大通り沿いではなく、
閑静な場所にあった事もよかったです。

 

First English Global Collegeでの留学生活について

First English Global Collegeの生活環境は?

初めて来たときは長閑な場所だという印象を受けました。
実際に生活するとトライスクルというフィリピンのバイクタクシーで大通りまですぐに出られたり、
5つ星ホテルが近くにありプールやビーチにも気軽に行きやすかったです。

また校内にウォーターサーバーがあり、
売店にはお菓子・アイス・ジュース・インスタント食品等も豊富にもあるので不便を感じた事はありません。
無料の洗濯サービス・週2回の部屋掃除やベットメーキング・1日3食付き等の家事からの解放は
とても助かりありがたいです!

 

First English Global Collegeに授業は?

日本で学生時代は英語の授業はほぼ日本語で説明をしてらって授業を受けてきたので、
分からない単語や意味を英語で説明してくれる事に初めは新鮮さを感じました。

分からない単語を辞書で調べるよりも、
先生との会話で教えてもらう方が印象に残りやすく覚えるのが早く感じました。

また、私がなかなか理解できない時も根気強く丁寧に私が理解するまで説明してくれます。
私は英語初心者のため、言いたい事が上手く言えない事が授業中によくあります。
そんな時にめちゃくちゃな英語で話しても、私の言いたい事をくみ取って正しい表現を教えてくれます。

嫌な顔一つせずに、優しく自然に訂正してくれるので
『いくら間違えても大丈夫!恥ずかしがらずに言ってみよう!!』と思わせてくれます。

 

フィリピンで留学してみた感想は?(生活面)

日本に比べるとインフラが整っていないため、日本と同じ生活を過ごすのは厳しいです。

娘がまだ4歳なので特に水質は気になりました。
水道水は飲料できないですし、トイレットペーパーをトイレに流す事も基本的にはできません。
バスタブが無い事や、もしシャワーを浴びている時に間違えて飲んでしまったらどうしよう?
等気にしだしたらきりがない程初めは気にしていました。

実際に生活すると不便を感じる事もありますが、
バスタブの代わりにベビーバスを仕様したり、トイレットペーパーも流さない癖がついてきたりと
セブ島での生活に慣れて普通に過ごしています。

また、娘と一緒に外に出かけた時に、
荷物を沢山持っていると手伝ってくれたり,
気さくに話掛けてきたりと、子ども好きの人が多い国だという印象があります。
子連れで出かけて肩身の狭い思いをしたことは今のところ一度もありません。

 

週末の過ごし方を教えてください

学校の近くにあるクリムゾンホテルやビスタマーホテルのプールや海に行くことが多いです。
どちらも子ども向けのプールや遊具があるエリアがあり、親子で楽しんでいます。

ショッピングセンターへ買い物へ行くこともあります。
日本には販売されていない物も多くあるので見ているだけでも楽しいです。
大きめなショッピングセンターに行くと、
キッズスペースがあったりモール内を走る子ども向けの汽車に乗ったりして楽しんでいます。

まだ近くの島に行った事がないので、
これからアイランドホッピングや離島めぐりも楽しみたいと思っています。

 

セブ島での親子留学は短期留学も可能!

セブ島での親子留学はどんな方におすすめだと思いますか?

親子で留学してみたいな~と漠然と悩まれている方にもおススメです。

“フィリピンで親子留学”と聞くと、不安を抱かれる方も沢山いらっしゃると思います。
私も初めは不安でした。

セブ島は子ずれでの短期滞在も受け入れてくれる学校が多いので、まずは短期滞在でプチ留学体験をおススメします。
その後またセブ島留学を長期滞在や短期滞在でしてもいいですし、ほかの国へ行ってみてもいいと思います。
親子で1度留学すると『こんな物が必要だったな~』と知れたり、思っていなかった意外な大変さにも気が付きます。

私自身も初めは一週間の親子短期留学で来てから、長期滞在にすることに決めました。
日本にいて悩むよりも、実際に来てみて親御さんやお子さんにセブ島が合うか、
生活していけそうなのかを肌で感じて納得してから長期留学をすることをおススメします。

 

親子留学の注意点or留学前に準備しておくこと

親子留学だけではないと思いますが、日本とは違い外国で生活しているという意識を持って生活しています。
トラブルや事故に巻き込まれないように、高価な物は身に着けず大金も持ち歩かない等の当たり前の事を気にかけています。

セブ島の大通りは車の行き来が激しく、舗装されていない道も多くあり横断歩道もありません。
外を歩く時は必ず手を繋いで歩くようにしています。

また体調管理にも気を付けています。水に気を付けていてもお腹を下す事があります。
その時は日本から持ってきた整腸剤を飲んで対応したり、
休息をとったりし親子共々無理をしすぎない生活を送るよう心掛けています。

留学前に準備した事は渡航前にセブ島へ親子留学された方の体験記事をいくつか読みました。
私たち親子は日本から何をどのくらい準備して持って行ったらよいのか参考にさせてもらいました。

また、セブ島には野良犬・野良猫・ヤギ・鶏・・・等の動物が道にいるので、
念のため渡航前に親子で狂犬病の予防接種を受けました。
今のところ動物の方から近づいてくることはありませんが、触ってはいけないと伝えています。

※学校の近くにいた牛です!

 

 

 

 

 

関連記事一覧

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

最近の記事


PAGE TOP